一般歯科 | 小児歯科 | 入れ歯(義歯) | 歯周病治療 | ホワイトニング | インプラント | 予防歯科 | 市原市飯沼130 NDC なかじま歯科医院

一般歯科
小児歯科
入れ歯(義歯)
歯周病
ホワイトニング
インプラント
予防歯科
何でもご相談下さい。
NCDなかじま歯科の思い出アルバム
はにかみ日記
歯科衛生士募集
NDCなかじま歯科のインスタグラム
NDCなかじま歯科のYouTubeページ
NDCなかじま歯科のLINE@

小児歯科とは?

歯が抜けてしまった場合の治療としては、
インプラント 入れ歯 ブリッジ の3つの方法があります。当院では患者様の症状やご要望に合わせて、もっとも適した治療法をご提供いたします。

インプラント治療とは?

生体親和性の高い「チタン」でできた人工の歯をを失った歯のあごの骨の中に埋め込み、失った歯の機能を回復する治療方法です。

抜けた部分の隣接する健康な歯を傷つけることなく、抜けた部位のみの回復が可能です。

インプラントのメリット

天然歯に近い噛み心地と美しい見た目が得られます。

入れ歯とのちがい * ブリッジとのちがい

インプラント-入れ歯との3つのちがい

インプラント-入れ歯とのちがい1

インプラント

インプラント

見た目・使用感が
まるで自然の歯のよう

入れ歯

部分入れ歯

違和感があり
見た目も良くない

第2の永久歯。まるで自分の歯のよう

インプラントは入れ歯のような違和感がまったくありません。 取り外す必要も一切なく、自分の歯と同じように 使えるので、インプラントであることを忘れてし まうほど自然です。

インプラント-入れ歯とのちがい2

インプラント

よく噛めるインプラント

骨にしっかり固定
痛みもなく
しっかり噛める

入れ歯

入れ歯-歯茎が圧迫され痛みが出やすく、噛む力にも限界がある

歯茎が圧迫され
痛みが出やすい
噛む力にも限界がある

インプラントがしっかり噛める理由

入れ歯は痛みを感じやすい歯茎が直接その力を支えているため、自然の歯の約20%~30%しか噛めません。
直接、骨に固定するインプラントなら自然の歯に匹敵する力で、しっかりと噛むことができます。

インプラント-入れ歯とのちがい3

部分入れ歯の2つの危険性

部分入れ歯は、しっかりと固定させるため、健康な歯にバネをかけて使用します。
そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなど欠点があります。
その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯に影響を与えません。

入れ歯の危険性1

入れ歯を固定するバネが
健康な歯の負担に

入れ歯の危険性2

バネにプラークが
たまりやすく
むし歯などの原因に

インプラント-ブリッジとの2つのちがい

インプラント-ブリッジとのちがい1

土台の歯を削る必要のあるブリッジ

土台の歯を削る必要のあるブリッジ

ブリッジは、歯を失った際に、健康な歯を土台にして橋渡しして補う方法。
その際、土台となる歯を削る必要が・・・

インプラントなら土台の歯が不要

インプラントなら土台の歯が不要

インプラントは骨に人口歯根を埋め込むため土台戸なる歯は一切不要。周囲の歯を削ることはありません。

インプラント-ブリッジとのちがい2

ブリッジの危険性その1 ブリッジの危険その2

ブリッジは土台となる歯に大きな負担がかかります。場合によっては折れてしまうことも。

さらに、ブリッジの土台の周辺にはプラークがたまりやすく、むし歯や歯周病の原因に。

そのため、約半数のブリッジが10年以内に壊れてしまうといわれています。

その点、土台のいらないインプラントなら、周りの歯に負担をかけません。

耐久性においてもインプラントはすぐれた性質をもっています。

インプラントで治療する際の注意点

  1. インプラントには手術が必要です。
  2. 治療にはある程度の期間がかかります。
  3. お口の状態によっては、不可能な場合があります。
  4. インプラント治療には健康保険が利用できません。
  5. インプラント治療費は医療費控除の対象になります。

治療にかかる費用など詳しい内容につきましてはお気軽に
お声をかけてください。

このページのtopへ
なかじま歯科のインフォーメーション

診療時間

なかじま歯科 午前の診療

なかじま歯科 午後の診療

なかじま歯科 診療時間

なかじま歯科 休診日

なかじま歯科 土曜日は17時までの診察

なかじま歯科 電話番号

TEL:0436-20-2266

なかじま歯科 アクセス

市原市飯沼130

なかじま歯科 地図

なかじま歯科へのアクセスとマップ